事業分野

ケミカル事業とモーターサイクル事業を通じ、人々の健康の増進と、生活文化の向上に貢献いたします。

ケミカル事業について

ケミカル事業部は、環境との共生を配慮しながら多くの生産財分野で活動しています。

建材分野では、高分子技術を駆使して超高層ビル建築に欠かせないシーリング材、接着剤の開発をすすめ、建物の安全性向上と快適性向上、作業の省力化に貢献してきました。

自動車分野においては、日本で初めて「窓ガラス接着工法」を生み出し、その後も熱硬化型接着剤の開発、無溶剤化などを成功させ、衝突安全性を高める製品や、自動車生産ラインの自動化機器や自動化システムなどを開発し提供してきました。

新規分野においては、当社のコアテクノロジーを活かした独自の発泡ガスケットシステムを開発し、幅広い分野においてグローバル展開をすすめています。

また、携帯電話をはじめとする電子機器用途に封止材、アンダーフィル材を開発し、最先端の技術で顧客満足度を向上しています。

今後は新規分野で、抗菌、防菌、防かび、防かびなど人々の暮らしの安全、安心につながる製品開発にも取り組んでいきます。

モーターサイクル事業について

モーターサイクル事業部では、オートバイの「走る、止まる」という最も重要な機能を担う、スプロケットとブレーキディスクを、材料開発からの供給を行い、この分野で世界のトップシェアーを確保しております。この地位を支えているのが、プレス加工や切削、研削等を含む自社一貫生産であり、そこに独自に開発した最先端の生産加工技術と最新の研究開発力が結集され、他の部品と調和した安全性、信頼性、走行性を実現しています。

また、モータサイクルで培った駆動・制動技術力をもとに、独自の技術を生かして、ほとんどのタイプの自転車に搭載可能な、電動アシストユニットの製品化に成功し、さまざまな分野への応用展開が期待されています。

今後、さらなるパワフルなアシスト力を実現する電動アシストユニット開発に取り組んでいきます。