環境・社会活動

持続可能なグローバル社会を実現するために、最善を尽くしています。

SSグループ(Sunstar Singapore Group)の環境活動について

サンスターグループの環境活動は12年を経過し、2011年度からは新たに中期目標を設定してきました。SSグループも、サンスターグループの一員として2006~2010年度に中期計画を立てて多面的な活動を推進していく中で、社員の環境への意識が高まってきました。特に、山梨・滋賀の両工場を始め、全国の営業所もKESサイトとして活動に参画する体制ができたことで、全員参加による取り組みが進んでいます。 2010年までの中期計画では、サンスターグループ全体で数値目標を掲げた「CO2排出量の削減」「排出物の削減」「ゼロエミッション」「グリーン購入」という4つのテーマに取り組みました。加えてSSグループでは、「環境負荷低減型製品の開発」に注力してきました。私たちの顧客である自動車、建築、二輪車の各メーカーが環境対策に積極的に取り組んでいますので、私たちも供給メーカーとして、業界をリードする一歩進んだ環境配慮製品を提案し続けたいと考えています。 今後SSグループがグローバルに環境活動を進めて行く上での課題は、海外での取り組みの強化と考えております。
海外でもほぼすべての事業所でISO14001認証を取得していますが、ややもすればISO認証取得を継続するための活動になっており、地球規模で環境問題を考える活動になっていないのが現状です。今後は、各工場がそれぞれの目標達成に満足することなく、グループ全体を見渡す視野を持って、グループ・グローバルでの活動を進めていく所存です。

※KES:京都発で全国に広まった環境マネジメントシステム規格
   NPO法人KES環境機構が審査・登録

SSグループ環境目標

項目 2011~2015年中期目標
CO2排出量の削減 生産高原単位[t-CO2/百万円] 2010年度比  5%削減
排出物削減 生産高原単位[t/億円] 2010年度比  5%削減
ゼロエミッション 最終処分量÷総排出量(浄化槽汚泥除く)=1%未満
エネルギー使用量の削減 省エネ改正法:エネルギー1%削減
環境会計 環境会計の集計、公表
社会貢献 事業所近在の環境美化活動(近在海岸・里山清掃活動など)を各拠点1件以上実施
環境活動への寄付など
情報管理 グローバル環境データの一元管理
環境負荷低減型商品開発 グリーン製品(環境配慮)開発を推進する

環境活動

2010年度までの環境活動の報告については、こちらをご覧ください。