熱伝導接着剤

独自のポリマー配合技術による65℃~の短時間硬化、接着工法によるボルトレス・軽量化を実現します。

特徴

弊社独自の各種ポリマー配合技術に放熱フィラーを高充填した高熱伝導材料であり、
以下の特徴を有します。

  1. 高い熱伝導性と絶縁性を示し、各種放熱設計に柔軟に対応いたします。
  2. ペースト状であるため、放熱体と発熱体との密着性に優れ、
    また、薄膜塗布による熱抵抗低減により、高い放熱効果が期待できます。
  3. 優れた接着性、耐熱性、耐久性により接着工法に対応し、
    ボルトレスによる薄膜化や軽量化、工程削減に貢献します。

代表品番 / 性能

RD-14005 RD-14255 RD-14715 備考
特徴 高接着性 低温硬化
高接着性
高熱伝導
柔軟性
ベース樹脂 エポキシ エポキシ エポキシ
硬化条件 115℃10分 100℃10分
80℃30分
150℃15分
粘度
(Pa・s)
200 75 27
熱伝導率
(W/mk)
2.2 1.2 4.1 定常法
硬度 92 90 62 Shore D
せん断強度
(MPa)
7 7 4 Al×Al
最低塗布膜厚
(μm)
200 50 50  

用途

熱対策が必要な各アプリケーションにおいて、最適な放熱設計が可能です。

「電気・電子用接着剤」に関するお問い合わせ

お電話によるお問い合わせ
大阪
TEL:072-631-4720
フォームによるお問い合わせ