ダイレクトグレージング(DG)用接着剤

自動車のウィンドゥガラスは、塗装された車体に直接接着されています。 従来はゴムガスケットを介してボディーに取り付けられていましたが、衝突時にガラスを保持する能力が低いため、現在では多くの車に、合せガラス(ガラス破損時の飛散を防ぎます)を直接ボディーに、接着剤層を形成するようにして接着させる、ダイレクトグレージング方式が採用されています。

接着剤は、現在では、1液湿気硬化形ポリウレタン系が用いられています。
接着面は、ガラスのセラミックコート面と、塗装鋼板になりますが、接着性を向上させる為双方にプライマーが使用されています。

D/G接着工程(自動車製造ライン)

お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ
名古屋営業所
TEL:052-722-6815